リフレクターって何?

このサイトで紹介するリフレクターとは

リフレクターの和名は「反射傘」。その名の通り傘のような形の光を反射するための部品のことです。誰しも一度は鏡のようなお椀型のこのパーツを見かけたことがあるのではないでしょうか。リフレクターには無駄な方向に向かってしまう光を跳ね返して、狙ったところに集中させるという機能があります。
とても簡単な仕組みで、格段に光の効果を高めてくれることから、技術者の間では「隠れたエコロジー」と評されています。

リフレクターの使い道

色々なサイズと形で、実に様々な場所で使われています

●照明灯
大型投光機から家庭用照明に至るまで、照明には高い確率でリフレクター(反射傘)がついています。

●カメラのフラッシュライト
カメラのストロボ周りには、必ずと言って良いほどリフレクターが使われています。

●LED照明
リフレクターが最も使われ始めているのがこの分野です。LED普及が遅れてしまった日本では、まだリフレクターの必要性に気付いている方が多くない状況ではあります。

●コールドライト
熱を持つ光源と、ターゲットを離す意図から、リフレクターを使って反射光をうまく使う方法も多く用いられています。

西居のリフレクター

独逸のMIRO、大田区のNISHII世界最高にして唯一のコラボレーション

鏡のような反射率を持つ高輝度アルミ材は、ミクロン単位の凹凸を許さない高い素材製造技術によって作られています。この高輝度アルミ材において、世界最高の技術で市場を圧倒しているのがドイツのAranod社です。
世界のAranod社が自社の高輝度アルミ「MIRO」を加工するパートナーとして選んだのが大田区の西居製作所でした。
鏡面の反射率を落とすことなく、ミクロンレベルでの正確な加工が出来るオンリーワン企業です。
そして、西居のリフレクターはニコンを始めとする世界の多くの光学メーカーに幅広く採用されているのです。